スリムビューティハウス 水戸エクセルみなみ店の口コミ・場所・予約など

スリムビューティハウス水戸エクセルみなみ店の住所は、茨城県水戸市宮町1-7-31水戸駅ビルエクセルみなみ6Fで駅に近い立地です。

エステサロンのスリムビューティハウスと言えば骨盤ダイエットが有名で骨盤ダイエットの流れや施術方法、その他の施術や料金などを紹介します。

概要・住所・アクセス

スリムビューティハウス水戸エクセルみなみ店の住所は、茨城県水戸市宮町1-7-31水戸ビルエクセルみなみ6Fです。アクセスはJR常磐線・水郡線の水戸駅に直結してエクセルみなみビル6Fにあります。

駐車場はサロンの駐車券を持参すれば無料で利用できます。創業して36年多くのダイエット成功者を排出しています。東洋美容由来ケアは人間の本来持っている健康的に美しくなろうとする力利用しています。

体に負担を掛けないオリジナル施術で、体の機能を整えることで一時的ではない持続性の高い効果が期待できます。スルムビューティハウスと言えば骨盤ダイエットが有名で、骨盤をただ占めるだけでは痩せません。

正しい骨盤の位置で自然な動きができることで、老廃物の排出促進や代謝の改善、睡眠やホルモンバランス整えることができます。

そしていつでも受付はOKです。女性専用で女性のスタッフが在籍、カード払いも可能でメイクルームがあり、体験やブライダルなどの豊富なメニューがある茨城のエステサロンです。

定休日・営業時間

営業時間は平日AM11:00~21:00で受付終了が19:00になっています。土日祝日はAM10:00~19:00で受付最終は17:00です。

月によって定休日や受付時間が変更する場合がありますので、予め電話などで確認が必要です。

コース・メニュー紹介とその料金

スルムビューティハウス水戸エクセルみなみ店のエステサロンの代表的な施術は、スリム美ボディメイクです。歩くと太ももが擦れる、ヒップと太ももの境界線がない、セル脂肪が気になる方の為に骨盤ダイエットを基本に様々な施術が用意されています。

骨盤ダイエットがなぜ痩せるか3つのポイントがあり、骨盤周りの筋肉強化で基礎代謝のアップを図ることができます。そして体の芯から温まる金箔入りのジェルやヒートマット、赤外線バンテージを利用体温アップして脂肪燃焼アップを図ります。

そして骨盤ダイエットで基礎代謝を上げて、セル脂肪ができないようにします。骨盤ダイエットを組み合わせた様々なお得なクーポンがあり、くびれ集中骨盤ダイエット70分500円お腹周りの脂肪をぐんぐん燃焼させます。

脚&ヒップ骨盤×セル脚集中70分1000円頑固なセル脂肪を撃退します。太ももシィップ&ヒップアップ下半身徹底スリム骨盤×2バンド充実90分3000円などの様々なクーポンが利用できます。

スリムビューティハウス 水戸エクセルみなみ店に興味をもったら、人気のある茨城のエステサロン特集から申し込むと安く体験が受けられるので気軽に行ってみましょう。

スリムビューティーハウスの契約について

東洋美容から生まれたオリジナル施術によって、ダイエット効果を提供するエステにスリムビューティーハウスがあります。

スリムビューティーハウスでは、お得なダイエットコースや、最初に安い料金で体験ができるなど初めての人でも利用しやすいサービスが提供されていますが、契約においては内容を十分に確認した上で行うことが大切なことになります。

利用にあたって特に考慮する点としては、公式サイトに契約に関して記載が行われていないことがあり、ここでは、確認をするためには「お客様相談窓口」に連絡を入れる必要があります。

スリムビューティーハウスの口コミ等では、無理な勧誘は行われないなどの報告があることから体験後に申込の判断をすることもできますが、人によっては一度体験をしたことで断りにくく思ってしまう場合もあり、事前に契約内容を確認することは大切なことになります。

書面でクーリングオフも可能です

スリムビューティーハウスの利用に関しては、クーリングオフの対象となることを認識しておく必要があります。クーリングオフとは所定の期間内であれば契約をなかったことにする制度のことを指し、法律で定められた書類を受け取った日から起算されます。

スリムビューティーハウスの場合には業務形態としては8日間が該当することになり、ここでの期日内であればキャンセルをすることが可能となります。またこの場合には、キャンセル料や違約金が記載されていても一切支払う必要はなく、支払った金額は全額返還されます。

クーリングオフをする場合には、必ず書面等で行う必要があり、ハガキでも構いませんが簡易書留等で送付日付が確認できる方法で行うことが重要になります。

対象となるかどうかや送付の仕方が分からない場合には、最も簡単な方法としては消費生活センターの活用があり、ここでは、必要な手続きを教えてくれるだけでなく、相手側との連絡も行ってくれます。